HOME 小口(1袋=100個入・・約10u分)より出荷可能!
化粧スレート屋根塗装用・・「屋根下地板の腐れ予防」
タスペーサー02・03(やね通気)
=5寸以下の勾配屋根に使うと住宅の寿命が大幅に伸びます=
     
 最近2件お施主様よりご注文ありました。お2人ともご主人様が自分で屋根塗装を行いましたが、「縁切り(えんぎり)」をやる事を知らずにたっぷり塗装したため、しばらくしてから雨漏りが発生!その結果ご相談をうけ、ご注文をいただきました。

 一番大切なのは、2〜3mmのすき間をつくる事です。技術アドバイザーの名古屋工業大学名誉教授 宮野秋彦先生が、1970年大学にて実験された「屋根材の雨漏れに関する研究」の中で、屋根勾配、雨量、屋根材と屋根材の間のすき間・毛細管現象(もうさいかんげんしょう)と内部結露現象との関係を明らかにされました。その結果>>>すき間3mmが一番良いことがわかりました。
     
 屋根の「えんぎり」を怠ると、水が屋根材の内側にまわって野地板を腐らせたり、また塗膜を膨らませたりしやすくなります。えんぎりを確実に行い、屋根材と屋根材の間に空気層(=3mmのすき間)を保つために有効な部材が「タスペーサー」(やね通気)です。
     
 えんぎりされてないと、塗装で屋根材と屋根材の間にすき間がなくなり、雨水の排出が悪くなります。
 
屋根材隙間写真
 
     
 屋根材の裏側・・えんぎりがされてないと・・
 
屋根材裏側写真
 
   釘穴から入った水がえんぎりされていないため、外に排出されにくくなり、屋根材の裏側の上のほうまで水が回ってしまいます。
(4寸以下の屋根勾配では、毛細管現象で屋根材の裏側で雨水が8から15cm吸い上げられます)
 
 
 えんぎりされてないと、屋根材の後ろにまわった水分が抜けず野地板がこんな風に腐りやすくなります。
野地板写真1 野地板写真2
     
タスペーサー実験画像
     
 住宅を長持ちさせるため、化粧スレート屋根にはえんぎりが必ず必要です!
     
 えんぎりを確実に行うため、やね通気部品「タスペーサー」の使用をお勧めします。
     
タスペーサー03
 (やね通気)
タスペーサー03
通気層=3mm  4寸勾配以下の屋根にお勧め
1uあたり10個必要
  1袋(100個入)単位から販売しております。(色は黒)  
     
タスペーサー02
(やね通気)
タスペーサー02写真
通気層=2.5mm 4寸勾配以上の屋根にお勧め
1uあたり10個必要
  1袋(100個入)単位から販売しております。(色は黒)  
     
タスペーサーの施工を助けるすぐれもの  
エスパッター
エスパッター画像
タスペーサーが入りずらい箇所や、前回の塗替えの塗膜で屋根材上下が密着している箇所に隙間を空けるための工具です。
 
     
 チラシはこちらからご覧ください(PDFファイルです)
     
 価格は、こちらの価格付専用発注書をご覧ください。(PDFファイルです)
 商品価格以外に、別途送料が1,000円(消費税別途)かかります。
 ご注文は、こちらの価格付専用発注書をアウトプットしていただき、必要事項をご記入の上FAXにてお送りください。
 お支払方法は、ヤマト宅急便の代金引換となります。
 納期はご注文確認したのち、納期連絡させていただきます。
     
タスペーサーの安全性について
タスペーサーの安全性
タスペーサーカタログより
     
 購入ご希望の方は、特定商取引に関する法律に基づく表記を必ず事前にご一読下さい。
     
 住宅瑕疵(欠陥)に対する保険の導入を国が検討中です。
 法律で規定の瑕疵とは、
  1、雨水の浸入・・・浸入した水が屋根下地板を腐らせる・外壁の柱、土台を腐らせる。
  2、耐震性など構造躯体を悪くする・・・雨水の侵入や内部結露水が木材、合板を腐らせ、耐震性を悪くする。
     
Copyright 2007-2016 NewLifeAcademy All rights Reserved