home
サイディング塗替診断士ロゴ
木塗協「窯業サイディング塗替診断士」認定制度
 
  <1>まえがき  
   何故本認定制度を作ったのか?一言で言うと「ストック住宅の長寿命化」の為です。
1990年以降新築した3階建以下の住宅の外壁の約75%は窯業サイディングです。大手ハウスメーカーでは、一部(へーベルハウス、住友林業、三井ホーム)を除きほぼ100%窯業サイディングを採用しています。製造方法は4種類、JIS規定の種類は3種類、石綿の有無、表面塗膜にクリヤートップの有・無、基板のオートクレーブ処理の有・無及び壁へ取り付けする工法=直張りと通気構法等住宅構造の長寿命化に最も大きな影響を与えております。
 窯業サイディングの基板特性として。吸水し易く、乾燥し易い事であり、その時に寸法が0.1から0.15%(長さでは3から5mm)伸び縮みします。その結果様々な問題を塗替前や塗替後に引き起こしており、特に塗膜のハクリ、塗膜のふくれ、シール目地の切れ、破断、反りが多発しております。
 2000年以降製造の窯業サイディングは、正しい構法=通気構法で施工し、10から12年毎のトップコート及びシールのメンテナンスを行う事により、50年程度は使う事が可能です。正に、「長期優良住宅」(75年以上建替しないで住み継ぐ)に最もふさわしい外装材です。大切な財産である住宅を長く使い、資産価値を下げない(又は上げる事も可能)メンテナンスを行う為には、以下が重要となります。
 その対応が出来る知識と技術を修得した者が「窯業サイディング塗替診断士」です。
 
  <2>窯業サイディング採用住宅の長寿命化、資産価値維持のポイント  
   (1)今の住宅(建物の劣化状態=特に構造と雨漏れ)状態の検査
 (2)屋根材、外壁=窯業サイディング材診断
  1、表面塗膜、シール、板金等の劣化状態
  2、下地材=防水紙、胴縁、垂木、野地板の劣化状態
  3、屋根、外壁の構造躯体の劣化状態
  4、直張りか?通気構法か?
 (3)診断結果を「住宅履歴書対応の診断書」にまとめる
 (4)診断結果とクレーム予防知識に基づく「最適改修仕様書」の作成
 (5)(4)に基づく、「見積書」の作成
 (6)「診断書」「仕様書」「見積書」に基づく施主様打合わせ
    ・・アドバイザーとなり施主様の意志決定のお手伝いに全力を尽くす
 (7)「仕様書」に基づく「施工管理」の実施
  特にメーカー「施工仕様書」の順守と記録保存
 (8)「工事完了」検査を施主様立ち合いにて実施
  「完了承認」を頂く
 (9)アフターフォロー、定期点検の実施、記録保存(住宅履歴書作成と保存)
 
  <3>認定制度  
   (1)昭和52年より34年以上窯業サイディング材とつきあい、日本一塗替実績の豊富なDr.サイディングこと古畑(プロフィール参照)の認定講習会を受講した者を認定する
 (2)2008年7月よりスタートし、2016年1月末現在全国で268回開催し、認定者は1344名となっています
 (3)認定講習会を受講した者は、「認定証」(カードサイズ)と「修了書」(A4サイズ)を発行し、NLAのホームページ「窯業サイディング塗替診断士」紹介ページにて会社をご紹介しています
 
  <4>塗料メーカー、業界団体支援活動  
   「窯業サイディング塗替のポイント」のセミナーを60分から90分全国にて開催しています
 (1)主なセミナー支援の塗料メーカー様
  1、日本ペイント販売(株)
  2、イサム塗料(株)
  3、AGCコーテック(株)
  4、関西ペイント販売(株)
  5、ジャパンカーボライン(株)
  6、神東塗料(株)
  7、TOTOエクセラ(株)
 (2)メーカー以外の業界団体様(アイウエオ順)
  1、東京都塗装工業協同組合
  2、(社)日塗装 新潟県支部
  3、兵庫県塗料商業協同組合
 
  <5>認定講習会実施要領  
   (1)講習内容・・・4時間コース
  1、窯業サイディング材の特徴、欠点、材質特性
  2、塗装後のクレーム9種類の原因と対策
  3、診断手順と診断書作成
  4、多色窯業サイディング材「クリヤー塗装」診断と営業
  5、新生屋根材診断とクレーム対策
  6、石綿対策
  7、国のリフォーム政策と補助金対策
  8、技術活用の「来店スタイル営業法」
 (2)テキスト
  1、「木塗協専用テキスト1」A-4カラー86ページ
  2、「木塗協専用テキスト2」A-4カラー60ページ
  3、窯業サイディング協会「窯業サイディング材の不具合」50ページ
  4、窯業サイディング協会「窯業サイディング維持管理」18ページ
  5、国土交通省「住宅リフォーム支援制度ガイドブック」
 (3)受講料(認定証、修了書発行料含む)
   8万円/人(消費税別)
 (4)開催スケジュール・・こちらをご覧ください
 
     
  ご存知ですか?
 1、塗装後の「フクレ」「ハクリ」の原因は「直張工法」ですが、そのメカミズムについて
 2、横張りサイディングの縦目地シールの基準寸法(深さと幅)について
 3、正しい幕板の下地処理方法について
 4、問題の多い「スレート屋根材」について
 5、塗装・リフォームの国庫補助金について(もらった事はありますか?)
窯業サイディング塗替診断士認定講習会では、上記の解説も行います
 
     
 
窯業サイディング塗替診断士について(PDF)はこちらからご覧ください。
 
     
Copyright 2003ー2016 NewLifeAcademy All rights Reserved